ゲキヘン!

有名人の激やせ・激太りや番組で紹介されたダイエット法を紹介。

テレビ

メタボ解消の食事方法は?カレー&唐揚げレシピを紹介!

投稿日:

6月24日NHK「助けて!きわめびと」では、メタボをなんとかしたい大作戦が放送されました!

現在の日本では成人男性2人に1人、成人女性5人に1人がメタボリックシンドロームと診断されいます。メタボが原因で糖尿病や高血圧など成人病のリスクが増えるとされています。

メタボを解消するには体重を落として痩せることが必要ですが、食事制限などをおこなっても上手く体重が落ちなくて諦めてしまう人もいるのではないでしょうか。

今回はメタボ解消の食事方法や高カロリーと言われるカレーと唐揚げを美味しく食べて痩せるレシピを紹介します!



スポンサーリンク

体重が増えるしくみ

そもそも体重が増えるというのは、消費エネルギーと摂取エネルギーが関係しています。


例えばジョギングを15分おこなって約130キロカロリーを消費します。


そしてジョギング後に喉が渇いてしまって500mlのスポーツドリンクを一気に飲んだとします。


スポーツドリンクは約95〜135キロカロリーを摂取してしまいます。


この場合、ジョギングをしてもスポーツドリンクを飲んだだけでカロリーがジョギング前と変わらなくなってしまいます。ヘタするとそれ以上のカロリーを摂取してしまうんです。


体重を増やさないためには、カロリーを消費したあとに何を摂取するかが重要となります!


メタボを解消する食事方法

今回メタボを解消する食事方法を教えてくれたのは、京都医療センターの浅原哲子(あさはらのりこ)医師です。


国内では少ないメタボリックシンドローム外来に勤務しており、これまでに2000人以上の患者さんを改善させたお医者さんです。浅原医師は、『自分の食生活を見直すこと』を意識してメタボ解消に取り組んでいます。


浅原医師が提唱するメタボ解消の食事方法


1.ゆっくり噛んで食べる
メタボの方はとにかく早食いするかたが多いとされています。満腹感を満腹感を得られるまでに15-20分間かかるので、ゆっくりと噛んで時間をかけることが重要です。


ポイント:一口入れたら、お箸を置いて噛むようにしてください。そうすることで、噛むことに集中して他の食事に手を伸ばさないようにします。


2.おしゃべりを楽しみながら食べる
ゆっくり噛んで食べていても満腹感を得られるまでに食べきっては意味がありません。食卓で喋りながら食べると時間が経つもの早くなりお腹も心も満たされます。


番組ではグルメリポートをしながら食べることをオススメしていましたが、普通だとなかなか難しいと思うので、ご家族と一緒に食べて会話を増やすようにしてください。


3.カロリー表示をチェック
コンビニで食事を済ます人もパッケージに記載されているカロリーを意識して食べるようにしてください。自分がどれだけ摂取しているか意識するようになります。


4.体重と食事の記録をつける
毎日、自分の体重と食事を記録することで、体型の変化を実感することになります。レコーディングダイエットと同じですね。毎日がダメなら2〜3日おきや、体重だけでも記録するようにしてください。

スポンサーリンク


メタボを解消レシピ

浅原医師と同じ京都医療センターメタボリックシンドローム外来で管理栄養士として勤務している西田博樹(にしだひろき)さんは、ガッツリ食べて痩せさせるレシピを患者さんに提案しメタボ患者さんを改善させてきました。


京都医療センター内のレストランで提供されている料理は西田さんが考案したもので、病院外からも食べに訪れるほど人気なんで、レシピの本も出版されています。


西田さんによるとメタボの人ほど高カロリー料理が大好きといわれています。今回はその代表ともいわれるカレーと唐揚げのメタボ解消レシピが披露されました。


京風レンコンカレー

牛スジとレンコンを作った低カロリーカレーです。

■材料
牛スジ 120グラム(下処理済みのもの)
れんこん 1/3節(60グラム)
玉ねぎ  1/2個
にんじん 1/4本
大根 2.5センチ
だし 600グラム(3カップ)
めんつゆ3倍濃縮 大さじ1
カレー粉 大さじ2


■作り方
1.玉ねぎはくし形切り、にんじん・大根は乱切り、レンコンは半分を乱切りし残りはすりおろす

2.だし汁に牛スジと切った野菜を加え30分ほど煮込む

3.野菜がやわらかくなったらめんつゆを加えてひと煮立ち

4.カレー粉とすりおろしたレンコンを加えて10分ほど煮て完成


材料は一口の大きさを大きめにカットすることで咀嚼回数を増やすようにします。


市販のルーはカロリーが高いので、カレー粉とすりおろしたレンコンを入れることで、市販のルーと同じようなとろみが出てきます。


これだけで約800kcal→433kcalと約半分のカロリーになります。


このカレーですが、ご飯にも工夫がされています!


ご飯を炊くときに『しらたき』を入れてかさ増しをします。そうすることでお茶碗1杯でカロリーが約20%ダウンします!


目安は1合につきしらたき60グラムを入れて炊いてください。ご飯好きでおかわりをしてしまう人にはもってこいの方法ですね。


カリカリ唐揚げ

油ではあげなくてもカリカリになる唐揚げレシピです!


■材料
鳥もも肉(皮なし) 200グラム
あられ(塩なし) 大さじ4
片栗粉 大さじ1

タレA:
しょうゆ 大さじ1
酒 大さじ1
しょうが(すりおろし) 1かけ


塩なしのあられがない場合は、塩つきでもOKです。


■作り方
1.鶏肉を一口大に切る

2.ボウルにタレAを混ぜ合わせ一口大にカットした鶏肉をいれ10分ほど置く

3.ボウルに片栗粉を加える

4.つけおきした鶏肉にあられをまぶす

5.オーブントースターに鶏肉を並べて10分焼いたら完成!


唐揚げを揚げるのに油を使用せずオーブントースターで焼くことで、鶏肉自体の油も落ちるのでカロリーが抑えられます。


鶏肉の衣をあられにすることで、パリパリ感も出るので美味しく食べられます!


普段の唐揚げだと約400kcal→188kcalと半分以下のカロリーになります!


体重を落としたくても大好きなカレーや唐揚げを食べたい!というかたは是非このレシピでメタボを解消してはいかがでしょうか。

-テレビ

Copyright© ゲキヘン! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.