ゲキヘン!

有名人の激やせ・激太りや番組で紹介されたダイエット法を紹介。

その他

ナイナイアンサー乳酸キャベツの作り方や失敗しないコツは?

更新日:

11月8日のナイナイアンサーはSKE48の鎌田菜月さんとお笑いコンビのニッチェ・近藤くみこさんが、気になるお腹まわりをへこますダイエットに挑戦しました。

今回のダイエットはキャベツを使った「乳酸キャベツ」を実践!マイナス8cm10.5cmとふたりとも見事にウエストサイズダウンに成功しました。

実はこの「乳酸キャベツ」結構失敗する方が多いんです。

今回はナイナイアンサーで披露した乳酸キャベツの作り方と失敗しないコツを紹介していきます!


スポンサーリンク

乳酸キャベツの効果とは?

乳酸キャベツは、簡単にいうとキャベツのお漬け物です。発酵食品となった乳酸キャベツは、腸内環境を整えて痩せやすい体質に変化していきます。

キャベツの発酵食品は海外でもあって、ドイツの「ザワークラウト」は日本でも知られていますね。

zawakurauto

出典:www.kondatekun.com

ソーセージとの組み合わせは最高ですね♪

この乳酸キャベツはナイナイアンサー以外にも「あさイチ」などのテレビ番組に紹介されて話題となっています。

関連本も多く出版されていま注目のダイエット方法です!

乳酸菌にも違いがある!

発酵食品というと活きた乳酸菌が腸に届くことで、腸に溜まった老廃物をキレイに流してくれることで知られていますね。乳酸菌と聞くと「ヨーグルト」を思い浮かぶ人もいるのではないでしょうか。

だったら別にキャベツをわざわざ買わなくても手軽に摂り入れられるヨーグルトでいいんじゃない?と思いますよね!?

ヨーグルトは動物性乳酸菌といわれ、実は活きたまま乳酸菌が届きにくいんです!みなさん知っていましたか?便秘解消にヨーグルトを食べていた私としては、まさかの便秘解消効果が少ないことに衝撃を受けました。

一方でキャベツは植物性乳酸菌で、活きたままの乳酸菌が腸に届く割合が高いといわれています。そのうえキャベツは食物繊維がたくさん含まれているので、便通を促す効果もあります。

まぁでも便秘ってただ、お通じがなくてお腹が膨らむくらいなので、そこまで深刻に考えなくてもいいのでは?と思っていませんか。こう考えている人は気をつけてください!

便秘は余分な老廃物が溜まるだけでなく、腸の働きが鈍くなるので太りやすくなり、栄養の吸収も悪くなるので肌荒れも引き起こすといわれています。

ただでさえ太りやすくなったうえに、肌荒れとは・・・。肌荒れは女性にとってメイクのノリが悪くなったりするので、気分も上がりませんよね。便秘は女性にとって敵です!

乳酸キャベツの作り方

それではナイナイアンサーで披露した乳酸キャベツの作り方を紹介します。

■用意するもの

キャベツ:一玉

塩:小さじ4

砂糖:小さじ1/2

ペットボトル(重石の代わり)

■乳酸キャベツの作り方

1.きれいに洗ったキャベツを千切りにします。

2.千切りにしたキャベツの半分をジップロックなどの袋に入れてに塩(小さじ2)を振るいます。

nainai02

3.残り半分の塩(小さじ2)と砂糖(小さじ1/2)を加えてよく揉みます。

nainai03

4.密閉袋に入ったキャベツの上にペットボトルなどの重しを置きます。

nainai04

nainai05

SKE48の鎌田菜月さんも番組で実際に披露していました。

常温で3日程度置いておくと完成です!

保存期間ですが、冷蔵庫だと約1ヶ月も持つので大量に作っても安心ですね!ただし酸味が出たり発酵臭がしたら早めに瓶に入れて密封保存をしてください。

ナイナイアンサーではこの他にもしょうがを使った脂肪燃焼レシピも紹介していました!

ナイナイアンサーのレンチンショウガの摂取量や保存ってできるの?

SKE48鎌田菜月の太ったお腹を凹ませた方法とは?

乳酸キャベツの失敗しないコツ

キャベツを切って塩と砂糖を入れるだけの簡単な乳酸キャベツですが、ご家庭で挑戦している方で失敗してしまった!という声が多いんです。

そのまま放置して食べようとしたら発酵しすぎて腐ってしまったということもありますが、他にも失敗した要因があるので、乳酸キャベツを作る時に失敗しないコツを紹介します。

レシピの分量は忠実に!

キャベツ1個分のレシピを紹介していますが、失敗を恐れて1/4個と少なめで挑戦するのですが、この時に砂糖は入れなくてもいいんじゃないかと勝手に判断してオリジナルで作ったために発酵が上手にできず腐らせてしまうことがあります。

これからの健康的なカラダを手に入れるためと考えて、キャベツはケチらず分量もケチらずにレシピ通りに作りましょう。

季節によってキャベツの水分量が違う

キャベツは3~5月ごろに穫れる「春キャベツ」と12月〜3月ごろに穫れる「冬キャベツ」があります。一般的に春キャベツは水分が多くて柔らかいのが特徴です。

一方の冬キャベツは葉がかたくて水分が少ないのが特徴です。乳酸キャベツを作るなら水分が多い春キャベツを使うと発酵しやすいので作りやすいです。冬キャベツでも問題ありませんが、1日、2日で発酵はしないことがほとんどです。

使用する時期によって発酵の見極めをする必要があります。

空気抜きが不十分!

乳酸キャベツでよく失敗するポイントとして密封した時に空気抜きが上手にできていないことが挙げられます。発酵がうまくいかずに発酵する前に傷んでしまうこともあります。

ナイナイアンサーではペットボトルを重石にしていたので、発酵を上手にするためにも重石を使って空気を抜くようにしましょう!

ナイナイアンサーで紹介された乳酸キャベツは、乳酸菌と食物繊維が多く含まれているので、腸内環境が整えられて痩せやすい体質になるのでダイエットに適した食材ということがよくわかりましたね!

発酵する過程で失敗する人もいますが、レシピ通りに作れば普通に食べられるので、ぜひ腸内環境を整えたいかたは挑戦してください♪

-その他

Copyright© ゲキヘン! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.